会社案内 通い箱の西田製凾 通い箱の西田製凾株式会社
HOME
製品案内
会社案内
Q&A
お問合せ・資料請求

 
会社概要
業務内容・沿革
プレス記事
環境への取り組み
再坊は経費削減に大きく貢献できます
通い箱の西田製凾
代表取締役社長
斉藤昌彦 プロフィール

1955年京都生まれ。
京都産業大学法学部卒業後、京都信用金庫に入庫し、融資部門・営業部門を担当。
1981年西田製凾に入社、日本包装技術協会の包装管理士を取得。
1998年、西田製凾株式会社代表取締役社長就任。特許取得製品「再坊」をはじめ、数多くの自社ノウハウを活かしたオリジナル製品を開発し、多数の特許を取得。

 


コスト削減という目から見て、物流の分野ほど、改善の余地の多い分野もありません。
私達梱包資材メーカーから物流コストを見た場合、「仕入れ」という側面と、「管理」という側面も決して見のがすことが出来ません。また当然、管理を行う「人的コスト」も密接に関わってきます。
これらの総合的な経費削減を見直すための1つの解答が、当社が開発し、特許を取得した通い箱・折りたたみコンテナ「再坊」です。

通い箱・折りたたみコンテナ「再坊」は、約10回の再利用ができることと、5分の1の大きさに畳めること、樹脂製のため極めて軽量で頑丈であることが特徴で、物流における「輸送」の効率化はもちろん、再利用での仕入コストの低減と、管理におけるスペースの削減・作業性における人的コストの削減を同時に可能にすることができます。

そして当社は、長く自動車関連の梱包物流に携わってきた経験から、「必要なものを必要な時に必要な量だけ」納入する、ジャスト・イン・タイム(JIT)のノウハウを培ってきました。
JITの考え方に基づいて、梱包資材にも「リースシステム」を採用しています。

このシステムにより、通い箱の回収からメンテナンス(修理)・管理までを私達がトータルにサポートすることで、お客様の物流における経費削減に大きく貢献できると考えています。
通い箱の西田製凾

会社名
西田製凾株式会社
所在地 ■京都本社工場
京都府久世郡久御山町田井
新荒見140番地
〈→地図はこちら〉
TEL 0774-43-5394
FAX 0774-43-5390

■東京本部
東京都千代田区丸の内1-8-3
丸の内トラストタワー本館 20階
〈→地図はこちら〉
TEL 03-5288-5376
FAX 03-5288-5353
代表取締役  斉藤昌彦
創 業 1954年7月1日
資本金 1,000万円
社員数 32名
取引先 三菱電機(株)
ヤンマー(株)
ダイハツ工業(株)
日新電機(株)
キヤノン(株)
大日本住友製薬(株)
旭化成(株)
東レ(株)
三菱自動車工業(株)
他200社)
取引銀行 京都銀行
京都信用金庫
京都中央信用金庫
通い箱の西田製凾
Copyright 2006-2011 Nishida Seikan Inc. All rights reserved. 通い箱の西田製凾