製品案内 通い箱の西田製凾 通い箱の西田製凾株式会社
HOME
製品案内
会社案内
Q&A
お問合せ・資料請求
 
緩衝材 通い箱の西田製凾

特徴
バリエーション
料金体系
導入例
Q&A
お問合せ・資料請求
特徴 通い箱の西田製凾
《発泡PP材》
1. 優れた緩衝固定性能があり、巾広い商品の包材として使用できます。
2. 衝撃吸収性、耐久性、耐油性に優れています。
3. 軽くて丈夫で保温効果を発揮します。
4. 耐熱、耐水、耐久、対薬品性に優れ、自由な形状に加工できます。

《真空成型》
1. 小ロット対応が可能です。
商品のデザイン変更が容易にできます。しかも、型代が低コスト、短納期ででき、多品種少量に適しています。
2. 大型成型品にも対応可能です。
大型サイズの成型や深絞り成型への対応が可能です。特に広面積での薄肉成型品に適しています。
3. 射出成型に匹敵する型再現性(圧空成型)があります。
圧空成型は射出成型に匹敵するシャープな外観が得られ、優れた寸法精度を誇ります。また、肉厚のバランスにも優れており、
複雑な形状の商品など、様々なデザインに対応できます。
4. 型の材質選択が可能です。
成型品の試作段階では木型や樹脂型が使用できますから、更にコストが抑えられます。本生産のロットによっては樹脂型での量産も可能です。
5. 成型後の表面処理が不要です。
成型品の色調やシボ柄などの表面材は材料のプラスチックが持つ色や表面状態をそのまま活かせるので、塗装などの後処理が必要ありません。

《射出成型》
1. 複雑な形状のものでも、大量に能率よく生産ができ、主に熱可塑性樹脂の成型に最適です。
2. 不定形(粒状)の材料から1工程で複雑、精巧で、精度も高い部品を短時間で完成できる非常に生産性が高い成型です。
3. 真空成型と比較して、製品単価が安価です。また、製品精度は上ります。
通い箱の西田製凾

通い箱の西田製凾

通い箱の西田製凾
資料請求 通い箱の西田製凾 ≫緩衝材に関するお問い合わせ・資料請求はこちらから。
Copyright 2005-2011 Nishida Seikan Inc. All rights reserved. 通い箱の西田製凾